fc2ブログ

前後截斷録 第76回


同窓会・水泳場その他雑記 続



 近くには「松原水泳場」があり、中学校の頃は授業の一環として水泳場での泳ぎの練習がしばしば実施された。その頃は男子は水着(水泳パンツと称した)などははかない。いわゆる六尺褌を用いた。
水泳場前の小道を挟んで佐和山側には唐モロコシ畑になっており、そこで男子生徒は六尺褌を着用した。バッタかイナゴが我々の足許をキチキチと翅音を立てて飛び交った。

この畑のあたりも戦国〜江戸期は一面の湖水(内湖といった)で佐和山や彦根の城の重要な要害の一つであった。
私は毎度のことであるがこの松原水泳場へ来ると、ひとしきり泳いだあと蜆とりに熱中した。当時この辺りの砂地にいたのは紅蜆という上質の蜆で、味噌汁にすると美味なものであったが、これも昭和40年代位であったか、湖水が汚れて絶滅の危機に瀕したことがあった。

さて、蜆取りが一段落すると、水から上って甲羅干しをし、再び水に入る。そして松林のかなたにある佐和山城の古城址を眺める。
首から上だけ水上に出して、飽和した気分で佐和山をみていると、水上のもろもろの音が聞こえる。泳いでいる男女の声、ボートのオールの漕ぎ音、少し遠くモーターボートのエンジン音——。
浅いところで水中メガネをかけて覗き込むと、無数の小魚やエビが右往左往しており、ここらにも生物のしっかりした営みがあることを知る。そういえば、この松原水泳場で死にかけた記憶がある。

先生6才叔父と水泳
6才の頃、松原水泳場にて叔父と水泳の一枚

当時の松原水泳場には「飛び込み台」が何基か設置されていた。簡単にいえば木組みの櫓のようなもので、そこがもう水深が2メートル強程はあって、中・高時代に170cm以上の身長があった自分でも背が立たなかった。つまり飛び込み台には泳いで到達するしかなかったわけだが、そこへ泳ぎ手たちは群がり集い、台の上に立ち上がって飛び込みの順番をまつのである。台上は4、5人が立つのが限度の狭い処で、そこへ少年野郎共は次から次へとよじ登り、また飛び込んでゆくのである。心得のあるやつはプールでやるような正式の飛び込みをするが、殆どは立ったままの棒飛び込みである。「地蔵飛び」といった。自分も地蔵飛び専門で、ドブンとおちこんだらあとは頭と足を逆さまにして飛び込み台の一番底、そこは大きな横に差し渡した木組みがあって痩せた大人一人がやっと底の砂地を抜けられるくらいの隙間がある。ここを少年たちは次々と潜り抜け、浮かび上がりを競うのであるが、自分も挑戦したくなった。ドブン——とやってさっと潜り抜ける。その予定であった。ところがやってみたら底を抜けきれない。こうして書いていると只の出来事であるが、自分には実は重大事がおこっていたのである。六尺褌の結びの端が横木に纏わりついて脱出不能の事態が出来したのだ。頭を上げると大少の水泡にまぢって青い空が波に揉まれてゆらゆらと映る。瞬間死の恐怖が全身を包んだ。——もうあかんのか。——もうあかんぞ、もうあかん・・・。

この時何をどうしたのかはっきりと記憶しない。ともかく、六尺褌のまとわりを外そうとただ焦って暴れた。切羽詰まった人の苦労など何も知らず、他の奴らはなにやら次々と飛び込みを続け、自分が生死の境にあることなど関知しない。——ああ水で死ぬとはこんなことか・・・と半分無意識になりかけてきたとき、六尺褌が外れた。解けたのである。助かった!そう思ってうわっと歓喜した。体裁などもうどうでもいい。——そしてどうやら助かったのである。

この若い頃におきた生命に係る大事件はいまだ思い出すたびにぞっとする。もう一瞬作法を誤ったら、フンドシが解けてくれなかったら、それからの自分の人生はあり得なかったわけだ。琵琶湖に成佛せず沈んでいる無数の怨霊のひとつに化すところだったのだ。今思い出してもこの記憶は恐怖である。


松原に泳ぎに来なくなって、もう15年ほどはたってしまった。子供たちもそれぞれに成長し、自分自身も立派な高齢者に入ってしいまったから、今更水泳でもあるまいと思っているところが私のどこかにある。このような思いが頭のどこかに宿っていることは、果たしていいことであるかどうか。トウモロコシ畑に隠れてズボンを脱ぎ、六尺褌にかえる。近くをキチキチという翅音をたててバッタがとぶ。吹く風が熱を帯びているがどこか畑の匂いを運んで芳しい——もうそんな情景風趣は再び味わえないのである。この記憶は貴重である。今や懐かしい人生の財産のひとつとなっている。

(六・四・十一)
スポンサーサイト