FC2ブログ

前後截断録50


関ヶ原へ


むかしから、年に一回ぐらいは必ず関ヶ原へゆく。
別にかくべつの目的があるわけではない。関ヶ原へ、ただ行くだけのことである。行ったら、その辺りの山や野を眺めて、そして帰ってくる。
大抵前年の記憶は忘れている。
二、三日前のことでもきれいに忘れているから、毎度が新鮮である。この年齢になると、「新鮮」というのは格別ありがたい。何をみても出来るだけ新しい発見をするようにして感心し、またすぐ忘れる。

f.jpg
関ヶ原 家康首実検跡地横にて木登り


行けば必ず訪れるのは三成の陣所跡、笹尾山と前の畑地に建つ決戦場の碑。そして徳川軍勝利の首実検場。
三成が本陣を構えた笹尾山から東をみると、古戦場は殆ど一望の内にある。西軍の諸勢の配置を考えると、西軍石田方の配陣は完璧なものである。徳川方は西軍の包囲網の中にある。家康は西軍の配置を了知した上で、赤坂から出軍してあえてその包囲網の内に軍を置いた。いわば死中に活を求めた必死必勝の覚悟で、桃配山に即(つ)いていたわけだ。事前に松尾山の小早川軍内応の約諾を得ていたとしても、戦勢の如何によっては、向背さだかではない。裏切るものは、再び裏切るのである。戦国を生きぬき、勝ち残って来た家康に左様な常識は不要だ。——と、そんなことをとりとめもなく、関ヶ原のあちこちを走ったり歩いたりして考える。

スキャン 13
家康首実検跡地前にて(約十二年前の古写真)

四百年以上前のことより、もっと我々にとって身近な近年の過去を思い返す。三成の陣所の前、今は一面の畑地になっているが、四十年前毎年初夏は苺畑になった。シーズンが来ると苺狩りの人々で賑わった。
苺狩りは毎年参加のメンバーで、小さい姫たちをつれて行くのが楽しみであった。
採り放題、食べ放題であるから苺好きにとってはたまらない。もう当分苺という字さえみたくない、と思うほど決定的に飽食して帰るのだが、次の日になると、また喰いたくなる。苺はそれほどの好物であったが、近頃は年のせいかそんな執着から離れた。
それほど思わなくなった関ヶ原の苺畑のことも、あまり聞かない(調べてみたら今も季節が来ると開園しているらしい)。

左近死し、兵庫も死んで苺かな

左近は島左近清興(実名勝猛は正しくない)、そして舞兵庫。いずれも三成家中の重臣であったが、決戦の時、今は苺畑になっている周辺で戦死した。かつて屍山血河を現代人は行楽している。桑田、滄海のはなしより凄まじく感じるのは、あの関ヶ原の戦いに思い入れがすぎるからであろうか。

スキャン 12
関ヶ原決戦跡地の苺狩り畑にて(約三十年前の古写真)

古戦跡から少し北西へ進んで奥へ入ると、旧陸軍の弾薬庫であった「玉」という地名の所に到る。50年程前、ここから鍾乳洞が発見され、古戦場に加えて新しい観光地が生まれた。当時地元放送局のPR代理店を経営していたわたしは、この情報を聞きつけ、一番先に駈けつけてラジオ番組のスポンサーになってもらった。この日事務所は無人のようだったが、建物の昔のままが、古びた状態で歳月からとり忘れられたように、残っていた。

鍾乳洞へゆく小道は、そのまま旧陸軍の㊙︎公道である。今も、歩哨がやっと一人立てるような雨水を凌ぐ警衛所の建物がのこされている。道に沿って山手の方には、小さい洞窟がいくつかある。ここが弾薬を収納した場所で、昼なお暗く、冷たくて湿気が強い。むかしはよくこの洞窟の中へ入った。この洞の中をのぞくのはすこし度胸がいる。こういう所へくると、やや大袈裟だが、人間が原始、本能的にもっていた危険に対する本能を覚醒させてくれるのだ。たしかに、この中で、数匹の青大将がとぐろを巻いているのや大きなムカデが音をたてて這っているのをみた。洞にのぞき入って、いつも数秒で、こわいな、外へ出たい-という奇体なスリルを感じて飛び出す。ヤンチャ坊主の時代を思い出させる、なつかしいところだ。これらは紛れもない大日本帝国の軍事遺跡で、残存していること自体が珍しい。戦いに敗けてから、我が国では一時、こういう暗い時代の記憶を殊更に抹消、忘却しようとした気配があったようだ。

続く
(2020.11.15)
スポンサーサイト



前後截断録 第32回

須賀谷・小谷へ

 五月はなかば湖北の温泉須賀谷へ行った。はじめたづねて以来四十数年ぶりの再訪である。その頃はまこと田舎のひなびた限りの隠れ里温泉で、叢林のなかを鹿のむれが跳んでいた。今は世間にも知られて、宿は殆ど満員の活況を呈している。今昔の感にたえない。
 目的は懐かしい湯にもう一度入っておきたいーーーという単純至極なものであって、建物も装いを新たに、往時とは全く異なっている筈だが、たしか簡易建物であったという覚えがあるだけで、浴場そのものにも全く記憶がない。濁り湯であったことすら、覚えていなかった。
 湯の宿は、戦国の雄浅井氏三代の拠点小谷城址の山麓にある。この城址へは温泉へゆくより数多く訪ねているが、ここ十年ほどは御無沙汰している。
 そんなことを宿の人に話したら、御案内してもいいですよといって下さった。いくら宿から近いといっても徒歩での城跡の山下までゆくさえ大ごとである。これは有難いと思って御好意に甘えることにした。その日の天気もやや強い風があったがよかった。

 ーーー

 近頃の私は、かつて尋ねた史的旧跡を再訪することを「巡礼」と秘かに称している。自身の生涯をもう一度確かめたいのである。もはや振り返るに早すぎることはない。
 佐和山城址は三年前に訪ねた。ここは地元彦根第一の古城あと、幼少時からかぞえるとおそらく百回以上は登城した筈だが、このときは彦根とは逆、鳥居本の大手口から行った。大手から頂上本丸迄は搦手彦根側からゆくより道が遠い。
 六角佐々木氏の本拠観音寺を山下から本丸頂上まで徒歩したのは二十年以上もむかしのこと、車で行ったのは八年程前。細く蛇行した道を五個荘(山の東)の方から走ったが、車が大きかったのでヒヤヒヤ。到着したときはホッとした。帰りも同じ思いをした。城址巡礼とすれば第三番目となる。
 因みに彦根城は数にかぞえない。余りにも近くて、親しみすぎているからである。

 ーーー

 小谷の城あとへ登っていつも感じることがある。それは明晰にはことばであらわせない。いってみれば山気、山中からわき出るサンキである。凄惨な気配がある。同じく落城した佐和山や観音寺、あるいは安土などにこの気配はない。
 ところが私はこの凄惨な一種の山の妖気が嫌いではない。とくにそれを感じるのは本丸黒鉄門前の首据石のところである。大人の胸位まである石で上辺が扁平になっている。たしかにこの上に首をおいたら、すわりがよさそうである。
 小谷城の歴史にはとんと素人だから何も知らないが、この上に浅井家に叛いた今井某(?)の首を曝したところからそのようにいわれるようになったそうだが、史実か否かは知らない。しかし、伝説にせよここに立つとほんとに怖い気配を感じる。
 少年の頃真夜中の佐和山城址や彦根城に登って(その頃は夜間出入りが自由であった)肝試しをしたことがあるが、小谷城のこの場所はいけない。おそろしい。日中でも風雨が激しかったら一人では自信がない。私の経験したおそろしい場所の筆頭はこの場所である。しかしまたこわいものみたさで丹念に巡礼してみておきたいのも、この場所だ。
 このたびは須賀谷温泉様の御好意で思わぬ小谷城址への巡礼が叶った。夜のJRの駅は無人、自由往来システムで寂莫たる風景、昼の風の名残があった。高見順の詩が思い返された。

がらんとした夜のプラットホーム

なぜか私ひとりがそこにいる
乾いた風が吹いてきて
まっくらなホームのほこりが舞いあがる
汽車はもう二度と来ないのだ
いくら待ってもむだなのだ
永久に来ないのだ
それを私は知っている

「汽車は二度と来ない」より抜粋
『三十五歳の詩人』
(中公文庫 昭52年)

こんな気分に一瞬鄙びた田舎の駅で浸れるのも、詩人の心境ではない幸福な老人ゆえ実に贅沢である。

於市恋し 小谷哀しや 須賀谷の湯



千畳敷井戸跡探索

千畳敷井戸跡探索

本丸櫓跡より千畳敷を望む

本丸櫓跡より千畳敷を望む

小谷城古図(井伊美術館蔵)

小谷城古図(井伊美術館蔵)

首据石に触れて

首据石に触れて

前後截断録 第19回

続・清凉寺へ
佐和山城古図
佐和山城古図

石田三成の一の家老であった島左近(清興・勝猛)の屋敷跡がこの清凉寺であるという。堂前にタブの老樹があり、伝説では左近遺愛という。佐和山城図屏風にも島左近屋敷の旨が書かれてある。
清凉寺には七不思議なる伝説がある。それにはこのタブの木がしばしば娘の姿に変化したという。「木娘」といわれ一種修行僧たちの間で畏怖されたが、清拙和尚に封じられ以来出なくなったという。清拙の名は地元彦根の宮田思洋という郷土史家であった人の「伝説の彦根」という冊子にでてくるが真否は知らない。島左近の遺愛の木は本堂の右側にかつて堂々と控えていた大きな南天であったともいう。この南天の大樹は太平洋戰爭中に折られてしまったが、触れば腹痛をおこすと伝承されていた。因にのこりの五不思議を紹介しておくと、壁の月、唸る門、晒し井戸、血の池、黒雲の怪等であるが、伝説の典型のようなもので、煩わしいから略す。

私の庭であると前にいった意味は、佐和山の城あとへの往き還りに、清凉寺の背後の山道を「我が一人の道」と専重したからである。寺のうしろは直接佐和山に接し、そこには山腹にむけて、同寺檀家であった古き人々の墓が数多く山の斜面を占有している。
この山腹の小径で大きな蛇の枯葉の下をゆくのをみたはなしは『ほんものの井伊直虎ーホントの本当』の中で書いた。文字通り典型的な蛇行であった。蛇行してみちを横切ると急斜面を落ちるように下へ消えた。下は崖になっていてそのまま清凉寺の庫裡裏に落ちこんでいる。こんなに山ぎわが寺に逼っていると危ないなと思ったことは、蛇の逃げる姿をみる以前から再々であった。

去夏、龍潭寺さん訪問とは別の日に、清凉寺さんを訪れた(8月31日)。れいによって当日突然の訪問であったが、御住職の母堂が応対して下さった。住職さんは不在で私の知っていた頃の住職さんからは三代あと、つまりお孫さんに当る。先代はたしか母校彦根東高校の一年先輩であったかと思う。残念ながら既に亡くなられて歳月が過ぎている。まさに無常迅速である。以下はそのときのお母さんとの会話を地の文に直したものである。

————

中高生時代、ここには同級生がいた。
ちょっと説明がいるが、大戦後の混乱で住まいを失ったり、生活に不自由を来している人々に、当時の住職さんは寺内の一部をこれらの人々に提供されていたのである。同級生というのは部屋借りをしている父兄の子であった。
そのころの清凉寺は現在のように伽藍が整備されていなかった。元来が彦根藩上級士族を檀家の中心とした侍寺であったから、幕藩体制の崩壊と共に衰微し、由緒ある建物の修繕も思うに任せない状態であった。門前左右に高い松が何本かあり、その先は今のJR東海道線の盛土をした線路で遮ぎられていたが、その辺りから、門前墓地の間にかけてよくチャンバラごっこをした。春夏秋冬、北の琵琶湖の方から風が吹き、その風は梅の薫り、桜の花びら、彦根球場の高校野球予選の声援、そして松籟愁殺の孤独の響き、季節とりどり、さまざまな風姿を伝えてくれた。

—————-

現在、同寺は修理と再建はみごとになされている。これは先代の住職さんはじめ檀家の人々その他関係者の祈るような願いが行動となって果された結果であろう。とくに先代にとっては禅者としての第一義であり果たすべき悲願であったにちがいない。それはおのが命を削るような辛苦を伴ったのではないかと思われる。山崖が崩れて建物を直撃したことも、現状放置不能を促せた大きな原因であった。それはそのかみ、佐和山城趾を往き還りする少年の危惧が単なる取り越し苦労でなかったことことを実証した。

御住職の母君には突然の訪問で御迷惑をおかけしたにも関わらず懇切丁寧な応接をいただき、まことに感謝したことであった。たしかに清凉寺は聊か大袈裟にいえば威風辺りを払う威容となったが、私にはむかしの歴史をそのまま背負って時代疲れのした姿の方が懐しく思い直された。

彦根井伊家歴代位牌への礼拝
彦根井伊家歴代位牌への礼拝

前後截断録 第17回

清凉寺へ

先生とタブの木
島左近遺愛伝説のタブの老樹を背に

常に身近な存在に対して、人はその視線をおろそかにしやすいものである。
それは対象が人であれ、ものであれ同じように思う。
たとえば両親や友人、名所風景など。
いつでも見られる、会えるということに油断して、つい、つき合いをおろそかにしてしまっていた――ということに過ぎ去ってから気付くのだ。
「清凉寺」という歴史的風姿に対するこれまでの私の視線についても同じことがいえる。
幼年から青年期における清凉寺というこの寺の私の内に占める位置は小さくない。
この秋、久々に清凉寺さんを訪れることが出来た。
訪れる――というのは周縁をみるということではなく、文字通り御寺を訪ねたという意味である。
今年も残日わずかだが、今年中の記しておくべきできごとのひとつとして書いておきたい。この続きは年が明けてからゆっくりお話することに。

前後截断録 第16回

越前一乗谷

かねて越前の一乗谷遺跡へは再訪を期していた。
例によって俗事多忙で、ただ思い願うだけで実現が叶わなかったが、このたび鯖江市のまなべの館(博物館)さんでの講演がきまったとき、一乗谷久恋の由来を話したら、同館の主査前田氏がよかったら私が案内しましょうと気楽にいって下さった。

講演は午後からなので、午前中の時間帯ならOKですよ。

午前中の積極的行動は原則としてしない無精者なので、チョットと二の足をふんだがこの機をのがすと、再訪はいつになるやら。
大事な巡礼行動の候補地なので、ムリをしてでも絶対この好意に甘えるべきだと判断した。

以前訪れたのは一乗谷朝倉氏遺跡資料館開館10周年の記念展に協力した時であったから、二十数年前のことである。
遺跡の中でも一番好きなのは少し山手にあるお湯殿跡の庭園である。
この庭の石組みは実は巧みな技巧が凝らされているのだが、それが態とらしくなく自然で、全体剛健な逞しさ、一種の威厳を感じさせる。今度再訪して感じたのだが、ここから谷地の城下にいる人々の声がよく聞こえる。
もし城下で騒乱があれば、館にいる侍たちにはその騒ぎの声は如実に正確に聞こえるわけである。つまり、すぐに対応ができるわけだ。
人の声や物音は下から上へ昇るから、この状況は一乗谷に限らないわけであるけれども、物売りに扮した職員さんの誘い声がまことに現実的によくきこえたのは新鮮な驚きであった。


一乗谷にて前田さん藤田さんと先生記念撮影
再訪記念スナップ
左からまなべの館学芸員藤田氏、同主査前田氏、私、当館学芸員中村


一乗谷お湯殿跡
お湯殿跡庭園