FC2ブログ

前後截断録 第38回

意地と勇怯

 江戸前期まで、およそ武士と生まれ生い立ったものは、臆病を口にしてはいけなかった。常に強がり、肩肘はって、周囲を睨めまわし、大言し壮語する。たしか『葉隠』だったかに、「武士は一日七回は虚言を吐け」というようなくだりがあったやに思う。一日のうちできるだけ多くデカいことをいう。命など全く惜しくない。いくさとなれば俺が一番ヤリだ。殿の馬前で一番に死ぬのも俺だ。何もかも俺だ。御家は一人で俺が担いでいるようなものだ。文句あったらかかってこい。俺だ、俺だ。こんな調子である。実戦に臨むとなるとたとえば城攻め、軍令など誰かが破れば、あとは有って無きが如きもので、我も我もと前へ出る。この好例が大阪冬の陣の真田丸攻めである。

 慶長19年12月4日早朝、真田丸の前面に仕寄をつけていたのは加賀前田、越前松平、そして井伊掃部助(直孝)の彦根勢。東軍の軍中でも最強を謳われたトップの三軍が詰めていたのであるが、この日は霧が深く、1メートル先もはっきりしないほどの寄手不利の中を、三軍の先勢はそれぞれ先を競って、ジリ、ジリと濠際向って寄せていった。先を越されてはならぬ、遅れをとってはならぬ。御家の名誉にかかわる。先駆禁止は公儀の厳命であったが、右が出れば中が出る。当然左も出る。するとまた中が出て右がつめる。互いに先を競って。やがて霧がはれたら、六文銭の旗の目の前。驚いたが寄手はあとへは退けない。三軍は濠際ギリギリのところまで寄せて切っていることを知った。このにっちもさっちもいかぬ時に、突出したのが井伊の先鋒木俣右京守安隊である。若干25歳の木俣は戦死はもちろん、切腹も覚悟で突撃し濠下へ飛びこんだ。

 真田信繁からみれば射的に恰好の赤武者共が自ら進んで死地に飛び込んできたのである。あとは真田側の一方的攻撃で、まけず遅れじと火の中に飛びこんでくる夏の虫同然の加賀や越前勢もまとめて鉄砲や矢を雨霰とふらせる。徳川方の死傷者は山を築いた。
 つまり、真田丸攻めは井伊の木俣が軍令を敗って開始し、加賀も越前も巻きぞえにした上に戦果はゼロの大敗北を喫したわけだ。

 この状況を知った将軍秀忠は激怒し、軍令違反と敗戦のもとのぬけがけを犯した木俣を切腹させる、井伊直孝を譴責するといきまいて、家康の本営に駆けこんだ。寄手全軍にこの事件はすぐに知れ渡り、一様に秀忠の怒りは当然、木俣めは怪しからぬ——と非難した。

 ところが、秀忠から事情を聞いた家康は、秀忠に同意するかと思いきや意外な反応を示した。木俣守安の切腹はもちろん、井伊直孝叱責の件を却下したのである。曰く、武士とは申せみんな命は惜しい。戦えと命じても敵中へは進み難いものだ。それを、先駈厳禁と寄手中に法度したにもかかわらず、死を覚悟して敵中へ突撃した木俣の志は見上げたものである。法度の適用も時宣による。かかる時は勇気をふりしぼって敵に一塩(ひとしお)つけることは肝要である。もとより勝敗は度外のものである、と。

 この家康の一言はたちまち寄手全軍中にひろまった。家康から金言を賜った木俣右京守安は一夜にして東軍中第一のヒーロとなった。無名にちかい一侍大将が日の本一の勇士とされたのだ。この時守安のヨロイには鉄砲の玉疵が十六もあったという。

 木俣守安は身辺大変結構な按配になったが、ここでまことにまずい立場に立たされた井伊の武将がいる。河手主水良行である。河手は木俣と同じく井伊の先手二備の内の片翼を担っていた侍大将であったが、相備の木俣が違法の先駆けをしたとき、軍令を守って兵を動かさなかった(河手の持ち場は後備であったという説もあるが、前後の事情から先手説を採る)。つまり河手主水は公儀の軍令を第一に遵守し、忍耐して兵を動かさなかったのである。これは至極もっともなことである。しかし世評はこの我慢する正義を支持しなかった。理屈はどうあれ、先鋒の1/2が動いたら、まけずに残りの1/2も動くが至当であるということだ。全体のことは大将に任せればよい。先鋒は先手らしくふるまわなければならない。この際勝敗は別のはなしで、思案の外のことである。

 結果、河手主水良行は男が立たなくなった。この場合、主水を窮地から救う只一人の人物であったのが、主将の井伊直孝である。直孝がその日のうちに主水と会って「よくガマンしてくれた」と家中の侍たちの前で一言いえば、面目はたった。しかし直孝はそれをせず、その後かれが会ったのは木俣守安だった。直孝は手傷を負った木俣をわざわざその陣営に訪ね慰問したのである。これはあきらかに直孝の片手落ちの行動であった。木俣も、河手も、直孝もみんな二十代の青年武将、みんな若すぎたし、老巧の侍たちも、手柄にならぬ差出口はしない。事実はどうあれ、木俣は勇士と讃えられ、一方の河手は臆病者と謗られ卑怯者の烙印を押されてしまった。

 翌元和六年五月、夏の陣において若江堤に対峙した木村重成の前軍に対し、井伊勢から只一騎先駆して自殺同然の討死をした武将がいた。河手主水良行である。主水の行動は勿論手柄にはならず、その行動は直孝の怒りをかった。主水はおのれの一命を捨てて勇怯とは何か、そして世間の沙汰の是非を問うたのであった。主水の墓が彦根城下に許されず、程離れた荒寥の地大三昧にあるのはこのためである。
 木俣守安も直孝も大切であるが、私が主水良行のことを偲ぶときは、いつもどこかに供養の思いがある。

IMG_3106.jpg
名馬(アオ)の墓前にて 令和元年十一月

スポンサーサイト



前後截断録 第37回

恐怖の「スイアゲ」②
大三昧のスイアゲ


吸い上げ

 以下は現在の話である。
河手主水良行の墓のことはこのブログで書いたことがある。これを読んだ人の中に、主水のことに興味をもつ人ができたのか、あるいは墓の管理者が気が付いたのか墓域が綺麗になって、さらに最近河手家の墓の一部が余所へ移されていることに先日気が付いた。

 後代添え置かれた墓の主人たちは、それはそれなりに、不遇の先祖を偲んで、背中合わせの倶会一處を営んでいるのに、娑婆の生き者の勝手な裁量で余計なことをするものだと、瞬間微(かす)かないきどおりを感じたけれど、お守りの手が届く現世の所縁の人々のさまざまな都合もあるのだろうと思い直した。

 むしろ、ここには河手主水良行と息子の采女良富(のちに主水と改めている)の墓が仲良く並んでいる方が、本来の姿でいいのかも知れぬ。この辺り一帯今はどうか知らないが、古字名を「大三昧」(おおざんまい)という。一度どこかで書いたような気がするが、三昧とは墓地のことであって、ここは往時いまよりずっと広大な墓域であった。主に色々事情をもった死者たちを葬ったところで、ほとんど百姓庶民たちの集団墓であったろうと推測されるが、その規模は地名の誌すごとく大変広いものであったから、江戸中期頃までは昼尚暗いという形容がぴったりの不気味で陰惨な、鬱蒼たる森林地帯であった。

 今はもう既に往時の凄気は喪っているものの、感覚の鋭い人はその気味悪さを肌に覚える筈である。私が最もおそろしさを感じる「スイアゲ」がこの主水の墓の隣りに現存している。これまで知ったうちでもっとも大きいもので、また深さも尋常ではない雰囲気である。余りに不気味で雑草が枯れていてもなお生い茂っているような気配があって、傍へ近付くこともできない。勿論傍の古小屋のダイナモも今はもうすっかり稼働することもなく鎮まっている。その太く赤黝く錆びた鉄管は、鱗のない龍の腹のようで、それはゆるやかに曲って、万年水のように濁り腐った水の中に姿を消している。

 このスイアゲを、主水の墓を訪れるたびに行かなくていいのにのぞきに行くのである。俗にいうこわいもの見たさの物好きであるが、先日ふと帰りの車中でこんな心配が脳裡をよぎった。たしか周囲には防護柵も何も、危険を防ぐ予防措置は構じられていなかったのではないか。

 危ないからあまり近づいたことはないが、若し万一、何か事件が発生してあのスイアゲの水の中へ被害者が放り込まれでもしたら大変なことになるのではないか——場所柄簡単に発見されることはない。ここから先のことは地域管理者の思慮の範囲であって一考を要する問題であると思う。

 スイアゲ周囲の安全防護の設備については私の勘違いであればいが、そうでなければ手当は必要だろう。いずれにせよ恐ろしい情景の場所であって、その凄惨な気配は、たとえば暗夜の墓地を彷徨する恐怖よりはるかにまさっている。河手主水の亡霊が実は恐怖のスイアゲに変化(へんげ)して、その消えぬ怨みの血涙を今も流しつづけているのではないか——というような有りもしない、訳の分からぬ史的妄想は、恐怖を超えていっそ滑稽であるが、私の頭の中では、案外な現実性をもって迫ってくるのだ。こんどは一度しっかりと状況を正視しておきたい。こういう不気味な風景も軈ては消え去ってしまう運命にある。

前後截断録 第35回


恐怖の「スイアゲ」① 幼い頃の記憶
—吹雪ニモ嵐ニモマケナイガ—



 小学生の一時期、それまで育った彦根駅前から移住して近郊の農村豊郷にくらしたことがある。転校せず彦根城東小学校までの日祭日以外は毎日汽車で通学した。「通学」とカンタンに書いたが、村から東海道本線河瀬駅まで歩き、そこから彦根駅で降りて、江戸町といった学校まで一時間余り。往き帰り二時間を殆ど怠ることなく頑張った。

 怨みごとではないが昭和27、8年当時、10才になるかならぬかの小童が一人で田の中の淋しい道を明け暮れ通学するのである。今にして思えば一人息子であるわたしに考えられないほど危険な日常を母はさせていたことになる。片道およそ2、3キロと思われる。大きく、小さくくねくねと曲がった田畔に毛が生えたほどの頼りない道を、雨の日も風の日も、それこそ吹雪のときも嵐のときも、雪ダルマのように、濡れネズミのようになっても、通い続けた。本当によくやったものだとこの頃振り返って思うのである。とくに冬は堪えた。風雪が烈しいと飛ばされそうになる。刈り取ったあとの稲束を長い組竿の上に架け並べた、あの時、あの土地では「オサ」とか何とかいったが、その陰に忍んで凍えた両手に息をあて風冷に耐えたこともしばしばであった。帰りみち駅を降りて小さな数軒の駅前の家々をすぎると、あとは一面の田野で、帰る村の目印である森が彼方にみえるのだが、吹雪くと、その森がもうみえないときがある。心細く、頼りなくて、もう泣きそうだったが、耐えるしかなかった。道はそれしかなかったのである。

長久手
田野も用水地も昭和40年代には大きく変貌し去った

 この時の田舎でのいわゆる艱難辛苦が、今の自分のバックボーンになっている。あの頃の苦労を思えば、現在の万事は何事もタカの知れたことだと思えるのだ。
 さて、ここから本題に入るのだが、当時あるいは現在でも同じであったろうけれど、田野の中に田畑灌漑用の揚水場の池があちこちに散在して設けられていた。俗にスイアゲ(吸い上げ)といっていたが、田植えどきになると、これらの揚水場に設置された揚水用ポンプのモーターが稼働して、勢いよく水を吸い上げ、水路から田毎へ水を運んだものだが、農閑期になると当然ながら働くのを止めて止まる。
 揚水場の池は井戸の様な小規模のものからプールほどの大きさの深いものまでさまざまであるが、これが夏から秋にかけ動かなくなって止まってしまうと、アッという間に池の中に苔や水草などがヘドロのように溜まって化物の棲処(すみか)のようになる。池には揚水のための鉄菅がポンプ小屋(これも大小いろいろある)から出て、青深泥の水の中へ逆「くの字型」に潜り沈んで、黝く消えている。それはどこまでも底なしに長くのびて沈んでいるように、幼いわたしには思われた。

 この揚水場の大型のやつが、当時既にモータがいたんで何年も使われていないのが、通学していた農道の途中位にあって、いつもわたしを脅かした。なぜならそこには子供のふた抱え程もあるすごく太い大きな鉄菅が赤黒く錆びて万年溜めのように青く淀んだ水の中へ潜りこんでいるのだ・・・。溜池の周囲には防護柵など何もない。ちかづいて覗くこともあぶなくておそろしいからできない。帰りが遅くなった夕暮れにここを通ることは、まさに「逢魔ヶ刻」の大冒険だった。村の子供らは危険を承知だからこんな刻、こんな場所を一人で行ったり来たりはしない。そんなことをしていたのは自分一人であったことを後で知った。無事息災であったことが不思議なくらいである。

 要するに揚水場—スイアゲ—の不気味なおそろしさは、特にその幼時の恐怖は、自分の筆力ではここに書きつくすことはできない。宮沢賢治の詩ではないけれど、ふぶきやあらしには負けないがこのスイアゲは今思い出しても怕い。

 直径二メートルほどの井戸に10センチほどの鉄管が側壁から井の中央に直角に曲がって入っている小型のスイアゲが村の森の傍にあって、そこに白い蛇が巻きついているのをみたのもその頃のことである。あの蛇は一体どうして外へ出るのだろうか。今でも不可解で、ときおり記憶に蘇って考え込んでしまうことがある。あのとき蛇の目と自らの目線が合ったままだった。蛇の目は、こちらを凝視しているのは当然なのに、魅入られたような気味悪さだった。恐怖のスイアゲの話しはまだ続きがある。

前後截断録 第22回

主水詣で

 なかば定例にしている河手主水良行の墓詣りをこの七月はじめに果たした。昨年は多忙に紛れて欠礼していたらしい。
 ここに至るには国道八号線南川瀬の或る地点を京へ向って左折するのであるが、そこから農道を通ってゆくのが毎度一種の冒険である。乗っているクルマが少し大きいので、もしトラクターなどに遭遇したら絶体絶命である。道を譲って国道近く迄バックは必至の事態となる。今回帰り道をいつもの来た道を行かず、南進したら旧中山道に出た。むかしの高宮宿から少し南へ来たところで、これは当然のことである。わかりやすく走りやすい所である。つまり主水さんを訪ねるときはこの道を逆に来たらいいわけだ。
 当たり前のことだが、嬉しくなった。意外にこのような「地形鈍」で天ボケなところがむかしからあって、これは娘にも遺伝している。彼女は地下鉄を降りて地上に上がったら、いつも来ているところなのに、そこが何処かわからない。例えば烏丸四条で地上に上がったら、もう東西南北がわからないのだ。一寸目をこらせば大丸デパートがそこにあるのに!

———————

 さて、主水さんのお墓に来ていつも思うのだが、何か大変淋しくて、毎度凄惨な気を感じる。ほんの数メートル離れたところには現代の新しいお墓もいくつか造られているのだが、そことは全く雰囲気が違うのである。古い五輪塔や卒塔婆形の石墓は他所でいつも見慣れているので、お墓の形式で感覚が変るわけではない。では、主水良行の死に様が自らの頭の中に染み込んでいて、その光景がまるで自分の過去にみてきたようにいつも脳裡に再現されるからであろうか。
 主水の墓をみて、毎度そんなことを考えるから、そのような沈んだ気持になるのか。自分でもこれは判然としない。天気もよく。風もない。周囲の竹薮や生い繁った雑草木たちは静かにしているのに、心は騒ぎ淋しく、落ちつかない。(同行の秘書はいつも気味が悪いといって嫌がる)。
 むかし幼いとき、夜中に彦根城へ一人登って(この時代はフリー入城であった)肝試しをしたものであるが、これは半分こわいが、半分楽しかった。ここにはそんな遊び心の入るゆとりがない。しかしそれなのに、ここへ来るとどこかで、ひそかに安堵するものがある。要するに複雑、不可解である。いつも得体の知れない凄惨な幽気がひそかに身の廻りに立ち上って来るが、その気配は全く攻撃的、排斥的ではない。それは多分ほんの一瞬であろう。やがて周囲の風声の音が静かに私の耳に蘇える。あたりに陽が満ち帰ってくる。
———早く帰りましょう
 くるまの方から催促の声。
 墓前に改めて合掌し、主水良行の愛馬「アオ」の塚に手を当てて
———また来るよ
 呟いてクルマに乗る。
 一種安堵感を伴った淋しさは、京の俗界に至るまで続く。この感覚は実の処、悪くはない。残念ながら現実の修羅場に戻ると、もうこんな贅沢な異界の思いはたちまち掻き消されてしまうのだ。そこで暮夜、私はひそかに願うのである。
 次の主水詣ではいつになるであろうか、と。

IMG_6857.jpg
河手主水良行、吉富、父子の墓前で

IMG_6864.jpg
良行戦死の際の乗用の愛馬「アオ」の墓


<加筆修正>前後截断録 第14回 主水詣で-2017.9.4

河手詣で

前回彦根の龍潭寺さん訪問、お寺にある河手家掃墓のところから間があいて、大分日数が経ってしまった。言い訳がましいが、しかし怠慢の刻を送っていたわけではない。理由はカンタン。
あまりにも忙しくて・・・。
気がついたら斯の如き次第。やっと井伊直虎の本と、直弼の本、この二冊の目途をつけた。両冊併走の執筆と資料整理、その他甲冑刀剣調査などで、まこと寧日なき有様。年たけてこれだけ多忙に際会し、それをこなし得るということだけでも喜悦の至りとよろこんで、天賜の恩恵に感謝しなければならないだろう。
実に天なり、命なりけり—。

河手主水佑景隆は戦国の井伊谷で重要な働きをした人物である。
(主水佑の「佑」をジョウとよませている研究書があるがこれは「スケ」である。)
このことは先日出版した「ほんものの井伊直虎—ホントの本当ー上」でくどい程明確にしているが、実はその孫(血統的つながりはない)の河手主水(助)良行の墓が彦根にあることは殆ど知られていない。

この主水良行の墓を知って既に六十年以上の歳月は過ぎた。つまりこのお墓とは随分と長いつき合い、多分、河手主水関係者としては最も古い生存者といっていいだろう。墓は彦根南郊河瀬の藪地にある。ここは往昔、主水の知行地であった。現在でも淋しいところであり、往時はもっと大きな竹薮、叢林を形成していて、あちこちに暮石が散乱しているといった状況であった、つまり古い時代からの墓地である。いわゆる「三昧(さんまい)」である。

河手主水・アオの墓
河手主水良行と愛馬「アオ」の墓
(昭和40年代井伊撮影)


ここには主水良行とその子良富、そして大坂陣で良行と共に散った愛馬「アオ」の墓もある。このお墓のことや主水父子のことに話が及ぶことは、大変長くなるので、ここでは端折って以上に止める。

まず、今のところ、ごく健常に仕事していますーーという近況の報告に代えて。現地訪墓の様子。少なくともここへは年に一回は訪れることにしている。供養などという形式的なことばは使いたくない。いつも一日一回は主水良行のことを頭の中に泛べる。これが数十年かわらぬ習慣。主水良行公、良富や優駿「アオ」たちとは幽明こそ境に駿河、血の通いあうような間柄である。いずれ「河手主水良行」のことを書くからと墓前ではいつも怠惰の申し訳をしている。それまで拙子の命はこの世にあることを保証してくれる筈だと勝手に信じこんでこれまた半世紀近くに及ぶ。