FC2ブログ

前後截断録 第31回

西郷家の怨霊(3)
〜つきまとった幽霊〜

 西郷正員といえば遠州の土豪の裔で、徳川の遠州攻略のあと家康に属し、天正十年木俣守勝らと共に若き井伊直政の後見となった人物である。
 この正員の奥方が怨霊になったということは、彼女が理不尽な死を遂げたということになる。つまり非業の死を遂げた。その加害実行者はおよそは夫の西郷正員であったということになる。となるとその理由も多少忖度してみたくなる。
 西郷正員が妻を害するに至ったそのわけは、いろいろあろうけれど、大別すれば以下の二つに括られるだろう。

   ①姦通
   ②妻との性格不一致。諍論。

①の姦通は問答無用である。風評の範囲でも、拡散してしまうと処分するしかない。要するにもののふの男道を汚されては面目が立たない。もうひとつ、嫌疑をかけられた場合、妻の自害ということもある。
②は、奥山親朝の女(むすめ)たちをみてみると、嫁ぎ先を見て気がつくことがある。長女は井伊直親の室(井伊直政の母)、次は井伊一族の中野越後守、三が正員の妻、主人公である。四が新野左馬助、五が菅沼淡路。六が鈴木石見守。
 夫となった人々はいずれも乱世の先頭をきって生きてきた人物ばかりで、井伊直親は謀殺、中野、新野は今川時代に戦死。生き残ったのが西郷、菅沼、鈴木だが、鈴木、菅沼は勇猛一点張り、その中で西郷は史僚タイプの最も温順な性格の人物である。
 いずれもこれらの妻室となった女達は温和しいタイプではなく、男勝りの熱く激しい人々であったと思われる。
 以上の二点の原因要約のうち、そのいずれが根本原因なのかわからないが、西郷正員の妻は怨念を抱いて殺され、西郷の家に祟った。それがいつ頃の事件で、その祟りがいかなるものでったかは明らかではない。いかにも茫々、朦朧としているから余計真実味を感じるし、興味が湧くのである。
 これらのことを西郷家の歴史事実の内に挿みこみ、検討してみても、何も記していない。西郷正員の妻が怨霊となった真の原因など正史の裏面のことだから何も表面化していないのである。
 問題は事件がいつおこったかである。西郷正員は、はじめ藤左衛門といい、遠州にいたが、家康によって井伊直政に附属され直政の佐和山就封と共に近江へ来たが、既にその頃は老齢隠居の身で、伊予守と称し、慶長九年に死んだ。
 西郷家の本系図を持っていないので、年齢など不詳だが、おそらく60才以上であったであろう。その辺りから逆算すると、妻女の切害は、藤左衛門正員がまだ若壮年期であった遠州在住時代と考えた方が自然である。とすると妻の亡霊が祟り出したのは、彦根移住以前で、それも西郷家に祟ったということを考えると二代目の勘兵衛員吉(この人物は関ヶ原以後、鈴木石見・主馬らと井伊家中を二分して争った彦根騒動の一方の首魁である)とは母親違いであったことを傍証させる。つまり豪族奥山親朝の女の怨霊は遠州~佐和山~彦根へと、西郷氏の移住と共にずっとつきまとって来たことになる。

 ーーー

 ここではじめに書いた西郷邸埋設の梵字石(供養石)のことを思い出してもらいたい。西郷家の子息を不注意で死なせて怨霊となった女中の一件である。これは単なるお話にすぎないかも知れないと書いた。事実現今、西郷邸址とされる場所に西郷氏が来たのは、享保六年(1721)以降、つまり井伊直惟治世時代の御噺であって、それ以前は藩の第二老庵原主税助の屋敷であった。木俣守盈(もりみつ)よって糾弾され庵原と三浦与右衛門両家老が失脚したあと、西郷は主命により空屋敷となった庵原邸へ屋敷替えとなったのである。
 普通に考えると、梵字を書いた小石群は、西郷氏以前庵原氏邸の頃かあるいはそれ以前のものである可能性があるわけだ。
 新野家の記録にある奥山氏の女の怨霊は、直政、直孝、直澄三代に仕えた天下著名の軍師岡本半介宣就が鎮めたというが、それが事実なら怨霊は顕密両道を極めた修験の人である岡本宣就によって成佛させられ再びは祟りをなされなかったことになる。しかし藩の正史には一切そのような記録はのこされていない。実はその後もさかんに祟り続けたかも知れないのだ。新野の由緒書の一項は祟りの終焉を感じさせない雰囲気がある。
 江戸時代、特に前期の歴史の裏面においては、何処の藩にでもこのような怪異譚が伝説されている。それらのいずれもが今や忘却の彼方に沈み消え去ろうとしている。単なる迷信のひとつ噺として終らせるのは残念に思うので、少し長い話になったが記してみた。私は西郷家本家の御方を知らない。改めて怨霊となった奥山氏女、西郷正員の妻の冥福を祈りたい。

供養石 表 供養石 裏
心経書込供養石(4.5cm × 3.3cm)

佐和山法度(直政・諸給方仕置状)切り抜き
井伊家老職西郷伊予守正員のサイン
(井伊直政仕置状より)

新野左馬助親矩由緒
『新野親矩(規)由緒』中の怨霊記録
スポンサーサイト



前後截断録 第31回

西郷家の怨霊(2)
〜つきまとった幽霊〜

 前後切断し、一回読切り話でゆくのが本稿のスタイルであるが、今回は継続譚になってしまった。怨霊さまは丁寧に扱った方がいいので、少しくらい長くなってもいいだろう。
 前回、西郷家の子守りの女が、不注意で主人の子供を死なせ殺害されて怨霊になったという話を書いた。これを事実のことして考えると埋設された小石群に施された供養梵字からも、西郷邸が現今の位置に建築されて以後のことである。
 つまり完全に江戸時代に入ってからのことである。ただの伝説といえば、そのていのものであるが、別に史料的に明確に残された怨霊の記録がある。
 私蔵の史料の中に『新野左馬助親矩由緒』という江戸初中期の記録がある。
 新野左馬助といえば、戦国末の今川家にあって、裏亡の一途を辿る井伊家のために尽力し、井伊家再興の途をひらいた恩人である。井伊家が江戸時代に大繁栄するもといは、この人の身命を賭した井伊氏への一途な誠心によってひらかれたと言っても過言ではない。
 さて、その記録の中に戦国井伊谷における井伊氏のー族中最も大きな勢力を保っていた奥山親朝の子弟6人を記した一項がある。理由は左馬助の妻が親朝の女の一人であったからだが、その妻の姉に西郷伊予守正員の妻となった人がいる。その女のところに次のような註記がある。

 世ニ西郷氏ノ怨霊ト云ハコノ御方也…。

(続)

新野左馬助親矩由緒
新野左馬助親矩由緒

前後截断録 第31回

西郷家の怨霊(1)
〜つきまとった幽霊〜

 これはもう五十年も昔の記憶になる。代々彦根藩家老を務めた重臣、西郷家の本邸跡地から奇怪な小石がたくさん発見されたことがある。石の面にそれぞれ梵字を丁寧に書き込んだもので、それは単なる地鎮の為ではなくあきらかに何らかの霊魂を鎮めるためのものと思われた。
 今ではまず知る人はいないだろうが、西郷家にはこんな話が伝説されていた。
江戸はじめ、西郷家の当主に長男が生まれた。両親の鍾愛は大変なものであったが、ある日子守りの女中が抱き誤って地に落とし死なせてしまった。勿論不注意の過失による事故死であるけれど、時代が時代である。女中の処罰にそんな罪刑法定はない。女中は斬殺された。自己の犯した取り返しのつかない失敗によって殺される事は覚悟したかも知れないが、女中は怨みを残して死んだ。
 以上の話しは当時市内四番町で釣道具屋をしていた郷土史家のKさんから聞いた。典拠も何も確認したことないし、Kさんもその事には触れず、単なる昔噺として淡々と語ったが、私は興味深く聞いた。


 忘れかけていたが、梵字を墨書きした小石の群がなぜ発見されたか、その経緯を述べなければならない。旧西郷邸は大津地方裁判所の彦根支部として活用されていた。外見は家老屋敷の本邸そのもので、私も書士業をしていた頃、裁判書類の写しなどを取りに何回か行ったことがある。廊下など長年の使用に耐えた証だろうか、大変にデコボコしていたが、いい趣があった。
 これが新しく現代風に改築される事になった。取り毀して基礎工事をしている時発見されたのである。
 対面の彦根東高等学校の生徒の頃は、城の石垣の上からその本邸を眺めて、往時のことをいろいろ想像したもので、堂々たる長屋門とともに今も私の内では武家屋敷の代表的なイメージを構成している。
 さて、梵字の小石群の埋設の理由である。Kさんによると、つまり殺された女中が亡霊となって西郷家に祟った。それを鎮めるために件の梵字の石の数々が埋設されたのであろうというのである。これはつきつめてみるば、Kさんだけの話しであって、別に史料的裏付けや公証性があるわけではない。単なる推測による伝説の範囲を出ないものだ。
 ところが、以上の話とは異る、もうひとつの西郷家に祟った本格的な怨霊の話がある。


西郷家長屋門
西郷家長屋門
(昭和30年代後半 筆著撮影)

前後截断録 第30回

脇家の長屋 ―井伊家重臣―

 彦根城の内郭に残存する井伊家重臣の旧邸で、その一部でも遺されているもののひとつに脇家(通称五右衛門または内記)の長屋がある。他には同じく重臣の西郷家の長屋門と薬医門があるが、その他にはもうない。ここで取り上げるのは、堂々たる威風を今に示している西郷家の文化財建造物ではなく、脇家の長屋についてである。


1.jpg

現在の残存長屋(平成28年撮影)


 私は青年時代のある期間、毎日、この長屋を眺めて暮らしたことがある。この長屋の隣が、旧制彦根第一中学校――当時滋賀県立彦根東高等学校の広大な校域で、脇家の長屋の端が芝生の校庭に接してい、私は暇があると芝生に寝転んで呆っとしたり読書したりしていた。結構この時間は今から思えば私にとっての人生の大切な一刻であった。
 長屋といっているが、のこされていたのは実は長屋門の右端の一部である。
 二、三千石の家老となると豪勢なものであるが、私はこの長屋の端にしつらえられた格子造りの窓が気に入っていた。この窓は二階造りの構造になっている海鼠壁(なまこかべ)の上端部にある。いわゆる見下し(みおろし)の窓で、通常ここから外を見ると、通行人を見おろすかたちになるので、大抵は閉じられていたものである。なぜならここは脇家の家来でも「軽い者」、足軽や中間小者たちの官舎だったからだ。
 校庭の芝生にねころがっていた時間は、たぶん昼休みか剣道部の練習のあと、または放課後のフリーの時間であったと思えるが、その時間がそれぞれいかほどであったかについては、もはや記憶がない。ただあきらかに覚えているのは、そういった時のどこかで必ず一度濠端に出て、気に入りの窓を眺めた。ただ竹格子を打ちつけた、見ようによっては変哲もない古窓に過ぎないが、それを見ていると理由なく心が慰藉された。この窓の内には、さぞかし多くのドラマが生滅してきたのだろう。それを根拠なく懐古していると時間を忘れ、日を忘れ、自身をも忘却するような錯覚に陥ったものである。

~・~・~・・~・~・~・~・~


1.jpg

写真中央あたり、脇家表門長屋の全景がかすかながら見える。
(明治の古写真から)


~・~・~・・~・~・~・~・~


 今も彦根に戻ると、できる限り時間を作って城の内郭の周囲を車で一周するようにしている。そして必ず、この長屋の窓の一瞥を怠らない。竹格子が大分古びているが、あれは高校時代のままであろうか。半世紀はたっている。おそらくそのままだろう。一体内部はどうなっているのだろう。気にしたところでどうしようもない、自分を含めた史的妄想が限りなく続く。つまり、それゆえに私はこの窓が好きなのである。


1.jpg

大手側、鐘の丸下犬走りのむこうに長屋の端の一部が見える。
問題の窓も……
(昭和40年はじめ、筆者撮影)


1.jpg

残存長屋(昭和40年はじめ、筆者撮影)


1.jpg

竹格子の窓。
フッと触ったら忽ち崩れそうに頼りげない格子が印象的。


1.jpg

隣接の彦根東高等学校旧校舎
(東高発行の古栞、昭和33年当時)


1.jpg

彦根藩侍屋敷絵図から
(昭和47年筆者所蔵古図復刻版)