fc2ブログ

前後截斷録 第53回


近況
——真贋の鑑定と評価——


                        (一)


 甲冑、武具及び古記録・古文書類専門の美術館を設けて二十数年も経つと、ヨロイやカブト、古い書や軸物の鑑定を依頼されることが多くなった。甲冑類は一ヶ月約五十領位はみるから、この数字はおそらく日本随一であろうと思う。
書いたものは古文書類、特に井伊家関係が主体になるが、なかでも断然多いのは井伊直弼である。直弼は一般的に自作の和歌を表具して軸物仕立にしているものが多いが、これに偽物が少なからずある。特に要注意なのは一文字や風袋に井伊家の家紋である橘や井桁を織りこんだ作品だ。

 昭和のある時期、筆者の小学生の頃、直弼の偽書を盛んに製造し、表装したものが作られた。某家にも、はじめから終わりまで全てこの手の偽物百本近くをコレクションしていたところがあったが、多分、今もそのままにあるのだろう。
 彦根の古い商家であったある家の売立目録の写真掲載品の中にも、とんでもない直弼の贋物が堂々と載せられてある。井伊家歴代中その書き物が最も高に売買されるのが直弼であるから、ニセモノが多いのも無理はない。
徳川四天王の筆頭とされる戦国人井伊直政の自筆は無いに等しい。

 筆者が経眼したところで確実なものは若神子陣(直政二十二歳)の時の覚書(大日本史料所収)、及び末期の遺言と、それに係る一書くらいのものである。もう一点、故末松修氏のところでみたものがあるが、これは井伊直政書状として正真であるが、古い記憶なので自筆かどうかおぼえがない。

家康朱印状
井伊直政自筆(徳川家康朱印状)


 直政の子で、のち兄直継のあと彦根の藩統を継いだ井伊直孝の自書もまず余り見ない。五十年位前米原の蓮華寺で展示してあるものを一点みたが、これはよかった。直孝の自書は家臣に直接与えたものであるから全部署名がない。用紙や字体、——書き癖を知らないとわからないが、それ以上に文章が力強い。筆者がこういうのは、直孝自筆を八十点以上収集した結果である。直孝の花押ある書状類は全て代筆、祐筆手になるものであって、その筆者は岡本半介や大久保新右衛門、三浦内膳等直孝近侍の重臣たちである。

直孝文書 1
井伊直孝書状①(自筆-案文)

直孝文書
井伊直孝書状②(自筆-案文)

直孝文書 2
井伊直孝書状(代筆)

 井伊家歴代中、最も能筆だったのは直政、奔放闊達なのはその子の直孝、そして難読、難解第一なのは直弼。この評価は私の中でかわることはない。それぞれに、その人の個性があらわれて面白いが、特に細心なのは直弼で、その律儀、几帳面さが、行間から溢れ出ていて、今もなお、読み直すたびに文言中の指示について「おれは気になって仕方ないんだ」と叫んでいるように感じる。

naosukezeppitsu_20210801174543297.jpg
井伊直弼絶筆
桜田遭難の数日前の公用私信。直弼文書中、最も乱筆・難読の書状(一部)


 はなしの入り口で、古い書きもの、特に因縁の深い井伊家の有名殿様の文字、文章についてふれてみた。次に本題のヨロイ、カブトの鑑査の件について書いてみたい。(R3.8.1)
スポンサーサイト



前後截斷録 第52回

きょう、この頃

 このコーナも大分ご無沙汰が続いている。
トシが年だけにどこかでくたばっているんじゃナカロカと思われてもいかんから、チョット、近況レポートを・・・。


 とにかく余りにも忙しい。ヨロイカブト、刀剣武具の調査と撮影、『井伊直弼史記』の続編「—大老の真実—」稿の執筆、そしてこれまた「井伊直孝軍記」の史料調査と執筆。
一日がアッという間にすぎる。学校時代の同窓生の知人の中には、夕方は7時から寝て・・・またそして朝も寝て・・・ヒルも、というネコのような生活を送っているヤツがいるが、それもよくヤルなあと感心するけど・・・羨ましくはない。忙しいとボヤきながら、実は喜んでいるというのが正直なところ。このトシになると、忙しさに対応して、動けること自体大いに感謝しなければならんのだ。——こんな有難いことがあるのだろうか、と。

 そんな中でも、強制的にオフの日を拵えて、仕事から離れる。労働で体力を使っていても、それは「運動」ではないので、休みの日は出来るだけ体を鍛えるつもりで近隣を歩く。建仁寺や東山知恩院界隈。大体3時間。散歩のつもりで周囲の風光を眺めながらウロウロする。

円山公園

丸山公園しだれ桜の巨木を背に 2021.03

  京都に来た40歳頃から20年間位は1日2時間「強歩」した。専門的ではないが、2時間早足で山坂を円山公園や近くの寺々を馳せ廻る。当時をふりかえると、矢張り若かったなァー。そして顧みて今の頽廃ぶりを思う。大型の飼犬五匹のリードを弓手(左)に一本にして、指揮用の木刀を馬手(右)に、霊山さんの道を濶歩したのは、あれはもはや幻か!泉下の犬共は、蓋し俺の来るのを待っておるヤロナ。簡単には倶会一処とはならぬ!

青蓮院
長野主膳ゆかりの青蓮院 2021.3

40年は一睡の夢と化(な)りつつある。東山を1時間もあるくと、自分でも気付くが足許が、大袈裟にいえば滄浪となっている。音もなく寄ってくる近頃のクルマは危険だ。危い、アブナイ。

足腰の堅固で素速しこい秘書子がついて来てくれるので、万一の安心はあるものの、一人では何もできないおのれ自身を時折客観視すると、お先は暗い。

 結婚はしているが、殆ど単身にちかいくらしをしている大学教授を知っている、この人は料理から掃除、センタクまで身の廻りのことは何でも自分でやる。ワタシのようなものからみるとまるで天才である。自分もやれば、料理の感覚など悪くないので、出来る筈——という自信があるが、その余のことはダメである。

足許が覚束なくなると、いつもお決まりの喫茶店。行動範囲の中に、何軒か休み庭がある。
 
 ここで暫く、茫漠とした一刻を過ごしたら、再び現実に戻って歩く。我流の柔軟体操、四股を踏むのは大抵その辺の神社の瑞垣(みずがき)のあたりだが、つい先日、粟田神社の石段の脇に文字を彫った台石のようなものをみつけた。年号を読むと「文五乙巳暦七月吉日」とある。

粟田
粟田神社階段横、石灯籠基石の彫年号

干支で調べたら、年紀は寛文5年である。京洛ではこのように忘れられた歴史の道標が至るところにあって、散歩してもいつも新鮮で退屈することはない。

(続く)
2021年4月15日

前後截断録 第43回

家康像に因んで
   ——人生・夢のスタイル——


備前勝政作家康
備前勝政作 徳川家康坐像


 ごらんの通り、徳川家康の像である。備前焼の勝政作とあるが真偽は知らない。それはどうでもいいことである。掌に乗せるには少し大きい座像である。

 焼物は嫌いではないが、打込むほどの執念もない。どこかで歴史に係るような、たとえば某拝領の呂宋壷とか、史的有名人の所用品、あるいは自作の茶碗など。それは面白いが、真物はそこいらに簡単に転がってはいない。若い時古い壷にはまったことがあった。信楽や伊賀、丹波ものである。これも二十代の時は時折掘り出しがあって、あけくれ、つぼ、ツボ、壷々・・・といっていたが、いつの間にかキツネは落ちた。

 いま手許で大事にしているものの代表は、井伊直弼自作の楽茶碗ひとつである。これは実用品ではなく「歴史資料」としてもっている。直弼にとって最も代表的な作品で、これまで行方が謎とされていたが、奇縁で私のところへ来た。この茶碗のことは機会があったらふれるつもりなので、今は措く。

 ところで、この陶製の家康の像である。どこで購ったのか、もうそれも忘却の彼方であるが、久しく茶室(一度も茶席を設けたこともない)の奥に箱に入ったまま放置されていたものである。去年の大晦日、掃除をしていた時発見した。

 いまこれを改めてみてみると、作者に失礼だが、まんざらでもない。
小肥りの躰を小袖に包み、胡坐をかいてゆったりと脇息に凭れかかった姿には、おのが人生に対する自信と余裕が感じられる。信長が本能寺に斃れたあと、織田氏の羈絆を脱し、秀吉と小牧長久手に戦って敗れなかった天正十二年、四十三歳の頃か、と考えてみたがどうか。
 両眼を柔らかく閉じ右手の扇子を膝もとに、左手で耳朶を揉んでいる。家康はリラックスしたり、思案に耽るとしばしば耳朶に手をあてたという。この辺のエピソードを作者はよく承知して表現している。
 さて、この家康は何事に思いを馳せているのだろう。鬢髪いまだ黒く、髻高く結い上げた豊頰の円満相には、既に具足された栄光の未来が仄見える。表情とは裏腹に肚中には図り知れぬしたたかさが隠されている筈だ。

日本史上、家康ほどおのが人生を忍耐強く生きた人を知らない。この像はあく迄想像の産物だが、いろいろ考えさせられる。見ていて飽きない。この格好はわが憧憬、夢のスタイルである。

 日々の匆忙に紛れて足許を忘れかけたとき、折角見出したのだからこの家康に対面して一碗を喫すべきだが、それが叶う余裕がもてるかどうか。ともかく余生はしなやかに、あるいは屈強に、家康さんに遠く及ばないが忍耐強く生きたい。㐂寿を踰えての感慨に、自賛して一盞。


                                   (二年正月三日)

前後截断録 第39回

凡々たるロッテファン

私はずいぶんと年季の入ったロッテファンである。
しかし年季だけは一人前積んでいても、観戦中ロッテが大量リードを奪われたりすると、すぐTVのチャンネルを切るか、変更してしまうタイプの人間だから、真物のロッテファンからみれば、大したことはないのかもしれない。

くわしい計算は面倒だからしないが、球団名が大毎オリオンズから転変してロッテオリオンズに変った頃からの馴れ初めであるから、半世紀前からである。
その頃の記憶では、あの400勝の怪物投手金田正一氏が率いて全国制覇した頃が、オリオンズの最も輝いた時代ではなかったかと思う。マサカリ投法の村田兆治、ショートの名人水上、そしてレオン・リー、レロン・リー両外人大砲のいた頃である。
そういえば、のちに選手としても、監督としても超一流となった落合博満氏が入団した時、おなじ頃新入幕して間もない北の湖と共に「あ、これは絶対大物になるぜ」と家族に誇らしげに予言したことも懐かしい。
落合さんのことを思い出すと、中日ドラゴンズで監督としてリーグ優勝し、パリーグの優勝チームロッテと日本シリーズになったとき、結果的にはロッテにシーズン制覇を許したけれど、全戦を通じベンチで微動だにせず、表情些かも崩さない姿勢はまさに将領たる男の姿であった。この姿はいまだに忘れがたい。

かつてのロッテオリオンズは現在、千葉ロッテマリーンズと名を変え、井口監督が指揮をとっている。
彦根在住時代から大阪方面の球場へは何度も観戦に行ったが、現場に行くとロッテは必ずといっていいほど敗ける。最近は京セラドームだが、帰りの電車に乗るとロッテファンは一見してわかる。
釣革に手をかけ、力なく項垂れている中年のオヤジサン。

——まけましたね
はい・・・
今日もまた
どうもイケマせん
何とかなりませんかネ
・・・・・・

大阪での対戦相手は大抵オリックスである。ロッテはナゼか、このオリックスに弱い。パリーグの覇者ソフトバンクホークスには天敵のような強さを見せるのも奇妙だが、オリックスにはアカンのである。

スキャン
2018.4.18 ほっともっとフィールド神戸 ロッテ対日ハム

今季は残念ながら四位に終った。ロッテの弱いところの第一は投手であろう。先発も中継ぎも押えもすべてパ・リーグ中ではもっとも弱いような印象をうける。
事実ロッテには本当のエースが存在しない。強いていえば石川であろうが、いまひとつ頼りない。涌井はときにベテランの味をみせてくれるのはさすがだが、どうもいつもながら立ち上りが悪く、3回位まで無事に乗り切るまでが大変だ。いつもみていてヒヤヒヤする。
昔は先発を任されたこともある唐川あたりも、中継ぎが精一杯で、投げさせてみなければわからない不安定投手陣の一人である。ロッテには残念ながら、この投げてみなければ——というピッチャーが多いのだ。勿論、最もデリケートな神経を要する第一位の重要ポジションであるから、多少野球経験のある私だが、その程度の者が簡単に云々できることではない。

そして最も問題なのは、押えの投手である。現在ロッテで信用のおける押え投手は益田だけであろう。文字通り守護神である。他に西野が最近復活してきたようで、聊か心強い。ロッテの押え投手には、こういってしまえばミもフタもないが、わざわざ敗けるために出てきたのじゃないかと思わせるような投手がいる。ご本人は勿論、ベンチもそんな気は毛頭ないのはわかっているが「何で、こんなとき、あんな球を投げるんや!」TVの前で思わず叫んでしまうのだ。
ま、それはさておき、キャッチャーは才能豊かな田村がいる。かれは打撃のセンスも抜群である。小兵だが可愛らしい、とくに一寸ヒゲを生やした顔は捨て難い。突撃隊長の荻野、巧者角中、そして大砲の井上、レアード、渋い中村・・・。

今季の四位は上等であろう。来季はもと楽天の美馬とソフトバンクから福田が入ってくる。ロッテの躍進を願って、今から楽しみにしている。他にもいろいろ書くことはあるが、ともかく、一度ロッテのことを書きたかった。但、いくらたっても筋金の入らぬ凡々ファンの凡言。乞御容赦。

前後截断録 第1回

-前口上-

 井伊可能斎述

道元は「春の夏となると思う勿れ」といって「前後截断」を説いた。この解釈は簡単だが、納得と了知は凡人の我々には殆どできない。そんな面倒ごとはここではしない。要は本稿のタイトルが単純にこれに因んでいるのだということをいうがためである。つまり話の中身の順序が前後符合しない。いわばいいたいことを前後の脈絡なく放語するけれど、「蒙御免」ということである。思イツキズム、イキアタリバッタリズムの大安売りと思召されたい。しかし中味は結構重いことになるかも知れぬ。それゆえ、話は歴史や甲冑や刀剣とばかり限らない。だから思いッ切り天衣無縫・無碍自在といきたいのだが・・・さてどうなるやら。

ところで朱鬼舎ないし可能斎という筆者の別称、風流号である。「朱鬼舎」は「あかおにのや」と読んでほしい。井伊の赤備えの本元であるから。これに「数寄者」をかけておる。「可能斎」?!これは瞬間オモロイこと考える御仁もおるじゃろう。そんなことはここでは関係ない。わが郷土彦根の先学に中村不能斎という歴史学の大先輩がおった。家禄は300石以下の平士であったが、これがなかなかの硯学であった。幕末の人でナ、井伊直弼を肉眼でみた人や。どこにでもおるつまらん奴のザン言にあって罪をうけ退けられたが、それから一切門外に出ず歴史の研究に余生を尽したという、骨のある頑固なエライ人やった。志があるというのはこういう男をいう。つまり不能斎という号のゆらいは、ここまで書いてみるとわかるだろう「大丈夫」の話である。つまり孟子の「富貴不能淫。貧賤不能移。威武不能屈。此之謂大丈夫」からきておる。拙者は左様なエラそうな史言を号にする程心身に覚悟はない。その逆であろうと思っているから「可能斎」である。ゆとりがあって調子よろしい。と、申したところで、拙者なりに不能斎の志はどこかで嗣いで、まことの可能斎の線まで行けないものかと念じておる次第じゃテ。以上前言として。贅言多謝。